前へ
次へ

店が売りたくなるような時期に持って行く

商品を販売するお店では事前に商品を仕入れます。
客から見えるのはお店に陳列されている商品だけですが、おそらくは倉庫などにも在庫を置いているでしょう。
お店も倉庫も借りていればそのスペース分コストがかかるので、経費を抑えながら運営しようとするならいかに在庫を抱えず品切れに備えるかが大事になります。
不用品を買取してくれる業者は主にリサイクルショップなどになり、客から買取ってそれを売却します。
基本的には業者から仕入れるのと同じビジネスで、いかに仕入れた商品を早く売却できるかで利益も大きくなります。
それが分かっている業者は持ち込まれる品の評価もいつ売れるかをそれなりに考えるでしょう。
例えば夏に夏に使うものを持ち込んで売れるかです。
すぐに店頭に並べられるならいいですが、整備をしたりクリーニングをすると一定期間が必要で夏中には店頭に出せないかもしれません。
来年まで売れない可能性が出てくるので価値は下がります。
一方夏に秋冬に使うものを持って行くと高い査定が期待できます。

Page Top