前へ
次へ

多くの人が不動産買取を利用する理由とは

一戸建て、またはマンションを仲介によって取引きする場合、売主は瑕疵担保責任があります。
具体的には、家の傾きといった売買取引時に外から探しにくい欠陥に対し売却後も責めを引き受けることが義務付けられます。
したがって、色々なトラブルが相当あります。
時と場合によると裁判となるケースもあります。
不動産買取を利用すると、売主に瑕疵担保責任は生じませんので、譲渡した後も安心できます。
殊に築年数が20年を越えた戸建て住宅は買取方式を選ばれる人が多く見られます。
そして、仲介スタイルでは売り渡すのに時間をとられるというマイナスポイントがあります。
そのほか、たとえ購入を希望している人が見つけられたとしても、希望している人がローンを活用する傾向が見られます。
ですから、ローン審査に1ヶ月必要になることも考えられます。
一方、買取は間髪入れずに買取り額を示され、契約を締結することができます。
このことによって、うまくいけば1週間で不動産を現金と替えることが可能です。

Page Top